<< June 2011 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

なぜこんなに話題になるのか

朝起きたら、いつもは既に登校しているはずの下娘があせった顔してパソコンで調べものをしていた。
そのうち妻が怒りだす。
「いい加減にしなさい!遅刻するど!あとで調べてメールで送ってやる!」
と言うと、下娘は「すぐ送ってよ〜」と言って出て行った。

はて?

妻に聞いたところによると、平成ジャンプ(字違うかも)の未成年の人がタバコ吸ったらしい。下娘は、それがグループの誰なのかを知りたいということだそうな。

そうか。しかしジャンプって誰?

で、出勤のバスに乗ると、女子高生や女子大生同士もその話題一色のようだった。
通勤中はバス中ではいつも目が覚めきらずウトウト状態なのだけど、喫煙問題の話がうるさくて、全然寝れなかった。
しかし、バス中での話が耳に入るので、そのジャンプの人々はジャニーズだということがわかった。

未成年がタバコはいかんなぁ。
でもひとつの過ちで将来が狂ってしまうのも、ちょっと酷か。

P6190005.JPG

私も未成年でタバコを吸って見つかったことはあったが、それで人生が変わったとは思わない。
有名人は大変だのぉ。
名前も顔も知らないけれど、反省しているのなら、立ち直る機会が与えられるとよいなと思う。
まだ未成年なのだし、興味本位、悪ふざけなのかもしれないし。
親御さんもつらいだろうなと思う。

甘いか?
Diary
- | -

最近癒されるもの

なんだか仕事多忙に全く収束が見えず、せっかく休みになっても、ちょっとしたことでアタマが仕事を思い出し、私らしくなく胃が痛くなる。
楽天的・ノー天気な自分に戻るように、些細なことでも楽しみにしてしまおうと思っていて、今日2つ見つけた。

ひとつめ。
夜遅く残業?なのか、若い女性が同じ地下鉄に乗ってくる。
結構疲れた顔したスーツの女の子だけど、地下鉄に乗るとバッグから海外旅行のパンフレットを取り出して、にやけながら見てる。
おぉぉ〜ハワイ!!
誰と行くのだ?友達?家族?それとも彼氏か?
誰でもいいが、仕事一生懸命してるのだし、行け行け〜!
もちろん声には出さないが、そう思うとなんだか自分の心もホッとする。

ふたつめ。
帰宅したら、なんとグッドタイミングで宇賀さん登場。
「今日は雨模様でしたので、濡れても大丈夫なゴム靴履いてます」
ん?ゴム靴なの?足よく見えないぞ。もっとアップに出来ないか?
とか思いながら、見とれていたら、下の娘に
「魂抜かれてる…」
と言われた。
たしかに宇賀さん見ると、一日の疲れがあったのかなかったのかわからなくなるほどかも。

どっちもよくわからない楽しみだけど、元気になれればそれでよい。


キュウリ!

うちで育てているキュウリ。
花が咲いて、実も膨らんでいいカンジ。
「胡瓜」と書くのだが、漢字からすると「きゅーり」ではなく「きゅうり」なんだろうと今更思う。
そういえば、子どもの頃、自衛隊のことを「じえいたい」ではなく「じぇーたい」と言っていた。
あまり関係ないけど(笑)
Diary
- | -

打ち上げ花火

晩ご飯を食べていたら、ドドーンと音が響きわたった。

ん?花火?

食べかけのご飯をそのままにして外に出てみる。

hanabi05.jpg

近くのお祭りで花火をやっているのだ。

hanabi06.jpg

6月は花火の時期としてはまだ早いけれど、

hanabi07.jpg

すっかり夏気分。

hanabi08.jpg
Town
- | -

ただの日記

せっかく休みなのだから、心身ともにリフレッシュしたいと思うが、どうも仕事のことで悩みというか、考え事が引っかかってため息でるぞ。

午前中は育てている野菜の手入れをしながら、考え込み。
それでも野菜いぢってたら、癒されるのぉ。
ブロッコリーの手入れしてたら、アオ虫と対面。
葉っぱなら、少しだけ食べてもよいよ、と見過して、また、ため息。

そうだ!
どうせ月曜日からまた悩まなくちゃならないのだし、休みの日くらい、弾けよう。
うまくいかなくても命取られるわけではないし、もっとすごいことで悩んでる人もたくさんいるはずだ。
そもそもすべてにいちいち悩んでいたら、体持たないし、楽観的に考えた方がよい結果が出る場合もある・・・と思いたい(笑)

と思って、その後ゴルフの練習に出かけて、帰りにパチスロして大勝ヽ(^◇^*)/
帰りは夕焼けがキレイだった。

P6120047.JPG

この花の名前、アレナリア・モンタナ。(たしか)

明日も仕事は少しにして、休日ゆっくりしよう。
Diary
- | -

現代アメリカ人気画家展

5月22日なので、もう1ケ月前ですが、
三越デパートの美術画廊で展示の「現代アメリカ人気画家展」を観てきました。

P6120005.JPG

ステファン・パン「インターバル(幕間)」

P6120004.JPG

ダン・ゲァハルツ「チェロ独奏」
彼の光の表現がとても好きです。
暗い部屋の中のランプの光、明るい陽射しがオブジェクトに映る光。

P6120008.JPG

ダン・ゲァハルツ「照り映えて」
それぞれの花瓶に描かれている白い太い線は、よく見るとただの線にしか見えませんが、作品の全体として見ると、それは紛れもなく光の反射なんだ。
この絵は、先日の展覧会ではなく、数年前に三越で開催された「ダン・ゲァハルツ展」のときのもの。
作品の前で感動して立ちすくんでいたら、彼の絵を専門に仕入れている人からこの絵の特製カードをいただくことができた。
ゲァハルツは、ひとつの作品を数日で仕上げ、余暇は家族と別荘で過ごすのだそうだ。
絵の注文の対応だけで精いっぱいで、市場に出回っている彼の絵画はないらしい。

複製でもよいから、ほしいくらい。
ART
- | -