<< September 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

生きてます

早いもので、もう10月。

寒くなってきたし、タバコも値上がりする。

今日は仕事も落ち着いていたし、来月からの多忙期間を前にみんなを

休ませておこうと思い、午後から大半を退社させた。

多分、まとまって遊びに行ったんだろうな。

休めたら・・・市内の温泉にでも行きたいな。
そして岩盤浴をしてみたい。
どーなんだろな。
経験ないからわからないれど、温まるらしい。

といいつつ、土日は多分休める。
しばらくしてなかった穴掘りをする予定。
庭の土と向き合って、手を真っ黒にしつつ、
ゆったりした時間を過ごす。

おやすみ


廃校となった富良野の学校に展示されているすんごい万華鏡


最近気になってること。

毎日ここ見に来てくれてるOCNの人って誰なのだ?(笑)

だれも来ないはずのブログなのに。
Diary
- | -

今夜はゆっくり

久しぶりに平日の夜をゆっくり過ごしてます。
絵画の勉強ちょっとして、大人の雑誌(H雑誌じゃない)読んで、東京出張ついでに観たい庭園を調べて、万年筆のインク補充して。
心に栄養補給できたかも。

ここで夜更かししちゃいけないんだ。
今朝は早寝遅起きだったが、今夜は早寝早起きだ(・ω・)/

mobile
- | -

ニングル

P9180058.JPG

富良野のニングルテラスには、身長15センチほどのニングルという小人が

住んでいます。

ただし、庭を覗き込むとニングルたちは一斉に隠れてしまうので、

見て見ぬふりして、横目でチラッと見るくらいしかできないのだ。

なんだか映画のアリエッティのようだよ。


ニングルテラスには、人間にとっては小川、ニングルにとって大河のような川や、森や公園がいくつもある。

訪れる人は、チラッとでもニングルを見られたら・・・と思い、散策路を静かに歩きます。

食べ物を与えても、決して食べることはありません。

自尊心が強いのかな。
Town
- | -

一雨ごとに

この時期の雨は、降るごとに秋の気配を強めていくだけじゃなく、
夏の緑まで、洗い流されて、葉も黄色から茶色にあせていく。
雨が明けた朝はひんやりした空気が心地よい・・・というよりも寒い。
気づけば、夜の虫の鳴き声も、しなくなっていたり。

なんだか、待ちわびていたものがあったような気がするけれど、
何も起こらなかったし、

起こったら・・・

起こっていたら・・・

とか無意味なことぐるぐる巡らせて、いっそう疲れたり。



あぁぁ、ほんとに旅に行きたいな。
別に失踪したいわけではないけれど、一人だけで少しの間。

奈良に行きたい。セント君の顔は怖いからイヤだけど、古代の日本に触れてみたい。

佐渡島のカラオケに乗ってみたい。横波受けて転覆して、船頭のお婆さんとお陀仏もよいか。

いや、富山の養老乃瀧の廃墟を見て、野菊やカトレアの廃墟を見て、茫然として、クレハボウルでボーリングするとか。意味不明。

多分、相当年数生きていたら、こういう心境になる時期かあるのだろうと思う。
何にも暗いことないのに。
そんな境遇に自分を置いてみたいなと思うんだ。



P9180057.JPG

さ、書いてスッキリしたら、歯を磨いて寝るとしよう。

明日は早いんだ。
Diary
- | -

エコポイント受け取りました

ずいぶん前に上娘の一人暮らしのために買った冷蔵庫のエコポイントがやってきた。(意味わからんけど)
で、話によるとEDYで受け取りできるらしいのだ。

さっそくURLアクセスして、お金ちょうだいの申請をすると、
次の画面で、パソコンに携帯電話をかざして下さいと出てきた。
「えっ?」と思ったけど、おNEWのPCには、携帯を置く場所がある。
試しに置いてみると、「読み取りちう」ですと出てきて、
待つこと10秒ほど・・・

「シャリーーン♪」

入金になった〜<(`^´)>

ほんとすごいよな。
驚く話でもないのだろうか。

で、私の携帯で受け取った金は、現金で家に渡すこととなり、そのお金で近所の小さな中華屋さんに行った(笑)

P9180043.JPG

いい景色。

富良野の街を見下ろす。
Diary
- | -