(C) T-OHNUKI

2002.5〜2004.3.16
約2年間、家族の一員として愛想振りまいてくれました。