電子メールにBGMつけちゃおか



電子メールに、BGMを付けて送付することができます。
今はグリーティングカードなどWeb上で簡単にアニメなどのメールを送ることが出来ますが、お祝いなどの特別な時には、手作りのHTMLメールもいいものです。
ここで注意しなくてはいけないことは、受信する人のメールソフトが必ずしもHTMLメールを受信できる状態になっているかどうかわからないということです。(フリーメールでの受信・テキスト形式のみの受信)
またMIDIファイルも送付されるのでメール容量も通常よりは大きくなります。
せっかく送ったHTMLメールも受取先で開くことが出来なければかえって迷惑になってしまいます。

HTMLメールは、HTMLという言葉で作成していきますが、メールソフトには、めんどうなHTMLがわからなくても簡単にBGMを挿入することが機能がついています。

Outlook Expressでメールを送付する場合

1.BGMとして流すMIDIファイルをパソコンの中に用意して下さい。(解凍の必要なlzhファイルは、解凍して拡張子が「mid.」の形にしておきます)
2.OutlookExpressを開き、新規メールを書く状態にします。
3.メニューバーから「挿入」−「背景」−「サウンド」を選択し、参照元(MIDIの保存場所)を指定します。
4.実際に送付した時の状態を確認する時は、画面左下の「プレビュー」をクリックして下さい。「プレビュー」が表示されていない時は、「ツールバーの表示」−「ソースの編集」をクリックすると、表示されます。



HTMLメールでは、音楽の添付以外にも「壁紙の設定」、「文字の色・フォント」、「画像の挿入」、「JAVAの使用」などいろんなことが出来ます。
また一度作ったHTMLメールは、HTMLファイルとして「メールのひな型」として登録しておき、次回からは一部の修正だけで簡単に送ることができます。HTMLメールが好きな友達を見つけて交換するのも楽しいね。